合宿免許のメリットと注意点

合宿免許は、教習所が用意した宿泊施設に滞在しながら教習を受けるという免許取得の方法です。

一般的な通学免許の場合は、自宅から通うという方法で免許を取得しますが、合宿の場合は宿泊施設に滞在しながら、短期集中で免許の取得ができるという違いがあると言えます。合宿免許のメリットとしては、まず「2週間程度という短期間で免許の取得ができる」ということが挙げられます。


通学の場合だと1〜3ヵ月程度かかるのが普通なので、かなり早いと言えるでしょう。

合宿免許を理解するには正しい知識が必要です。

次に挙げられるメリットは、「費用が安い」ということです。

OKWave情報に関する耳より情報を公開しています。

通学の場合は30万円程度かかるのが相場ですが、合宿の場合であれば、25万円程度が相場であり、しかも宿泊費等が込みの料金なので、とてもお得だと言えるでしょう。
そして合宿の場合は、「観光やグルメを楽しめる」というメリットもあります。
合宿が行われる場所は、観光地が近いようなところも多いため、空いた時間に観光したりグルメを楽しむこともできるでしょう。

さらに合宿では、長い時間を他の人と過ごすことになるため、「友達を作りやすい」というメリットもあると言えるでしょう。


ただし合宿免許の注意点としては、「まとまった休暇が必要になる」ということが挙げられるため、長期休暇がある学生さんなどに向いていると言えます。

そして合宿では共同生活をすることになるため、それが苦手な人は注意する必要がありますが、個室のプランを利用すればプライベートを確保することも可能でしょう。